前へ
次へ

障害問わず教育を受ける

子どもの教育とはいっても、子ども本人も、両親も、先生も、悩みや不安を抱えながら教わり、教えています。子どもうんぬんでなく、障害うんぬんでもなく、学校に通わなければなりません。もちろん、入院中の子どもにとっては学校に通うには難しいでしょう。入院中でも院内学校が開校されていますから、しっかり学ぶことができます。いつ退院しても、周りから遅れないように、しっかり基礎学習を進めさせています。また、入院中でなくとも、通常学級なのか、特別支援学級なのか、進路を子どもも親も迷っていることもあるようです。とある教育者によれば、平等と公正という与え方をアドバイスしているそうです。例えば、大人と中学生、園児の子ども3人が野球観戦をするために3個の木箱を平等に分けて座っているとします。しかし、背の高さが考慮されていないので、園児の子どもは前に座っている大人の頭が邪魔で見ることができません。平等でなく公正ならば、背の低い園児に2個、中学生に1個の木箱が与えられて、野球観戦が楽しめるのです。背の高さが障害だとして、木箱は支援だと考えるだけですが、それは特別ではなく、公正に子どもが学校生活を送るために必要なのです。障害があるから、教育を受けられないのは問題があるでしょうし、他の子どもと同じスタートラインに立つことは当たり前のことでしょう。前向きな気持ちを障害のある子どもがしっかり持っています。同級生と異なるのは、個性だと思えばいいでしょう。理解してくれる教育機関ならば、分け隔てることをダメだとアドバイスします。支援が必要だから特別支援学級を選ぶのでしょうか。子どもの発達特性はもちろん、第一に考えるべき問題ですし、実際にそう簡単に解決できないのも本音でしょう。クラスの状況など、いろんな視点から検討しましょう。それは親、子ども、先生のみならず、同級生や地域の方々も同じように考えなければなりません。活き活きと、笑顔で通える方を選ぶのが利に適っています。

橋梁や橋などのひび割れをきれいに直します
直した箇所が分からないくらいきれいにできますし、雨による劣化も防止します。

効率よく品質検査できる機械を製造します
素早く傷・不良品検知ができるので、品質検査の時間を短縮できます。

短時間で部品の良品・不良品を判別できます
部品の良品・不良品が0.2秒などわずかな時間で判別可能です。

人間ではできない作業もできる精密加工機
ミリ単位など人間では難しい加工もより正確に行うことが可能です。

Page Top