前へ
次へ

公立と私立の教育費と塾代

子供が小さい時は手がかかりますが、教育費はそれほどかからず、中学生なると手はかからない分、教育費にお金がかかるようになります。公立中学校と私立中学校でも費用に大きな差があり、中学校では学校教育費、給食費、学校外活動費がかかります。公立中学校の場合の年間の費用は約488000円、私立中学校の場合では年間約1406000円となります。公立と私立では年間100万円もの差がありますが、学校外活動費は公立も私立も年間約30万円程度でそれほど差はありません。中学生になると塾代にお金がかかるようになり、年間の平均学習塾費用は約20万円となっています。学習塾費用だけをみると私立中学より公立に通うお子さんの費用の方が高額になり、公立の中学3年生になると年間の平均学習塾費用は322000円にもなってしまいます。これは高校受験対策のための授業が増え、夏期講習や冬季講習など費用がかかるからです。公立といってもお子さんが中学3年生になったら、教育費のアップは覚悟しておいた方がいいでしょう。

Page Top