前へ
次へ

プログラム教育の賛否両論について

プログラム教育の内容については、学者の中でも賛否両論の意見があります。これは、プログラム言語を知識として学ぶ内容ではなく、発想力や考え方について学ぶ内容です。プログラム教育の導入は、自分自身で考える力が弱まっている背景があり、新たな価値観を生み出す発想力を養う取り組みです。賛成の意見としては、子供たちが新たな発想力を生み出す力が養いやすく、今後の日本の社会を支えてくれる力ともなるためです。プログラム教育を反対している学者の中には、まだ早すぎる意見などもありますが、誰が発想力や考え方について教えることができるかの問題です。特に、日本の先生方は、お互い競争して新たな発想力を生み出す立場ではなく、既に存在している知識を教える傾向も強くあります。私個人の意見としては、プログラム教育における問題については、それほど心配する必要性が無いと思います。なぜならば、子供の頭は柔軟であり、自分自身で考えて大人が驚く様な発想力も持ち合わせているためです。基本的なブロックさえ教えておけば、ブロックを組み合わせて様々な発想力を生み出してくれるでしょう。

Page Top