前へ
次へ

小学校での英語教育におけるALTの役割

学校の先生をするには教員試験に合格をして教員免許を持つ必要があります。一度免許を取ると再取得しなくても先生の資格がありますが免許の更新は必要になります。ただ先生になるために必要な知識や技術は変化してきているので、なりたての先生とベテランの先生で一定の差が出てくることはあるでしょう。経験の面から言えばベテラン先生の方が分がありそうですが、新しい教育への対応となるとなりたての先生の方が分があるかもしれません。小学校においては新たに英語教育が始まりますが、教えるのはこれまで英語を教えた経験のない一般の先生になります。先生の中にはそれなりに英語が使える人もいるでしょうが、多くは学生時代で英語学習をストップしているでしょう。そこで派遣されるのがALTです。外国語学習を補助するための人であり、この人がいることで子供たちに英語学習が提供されます。ALTは授業で実際にサポートをしたり先生と授業のやり方などをミーティングしたりします。

Page Top