前へ
次へ

オンライン教育を充実させるべき理由

日本の学校は基本的に生徒が通学をして授業を受けるケースが多いですが、学校に通学できないような環境になった時に問題が発生してしまいます。大地震が発生して校舎が危険な状態になれば通学は難しくなりますし、未知のウイルスが蔓延した時も外出するのが困難になるので、通学をさせるのは難しくなります。子供が通学できない状態になれば休校の扱いになりますが、休校の期間が長くなれば、自己学習できる子供とできない子供で学力に差が開いてしまうので、とても危険です。オンライン教育を採用すれば、自宅から子供が教育を受けられるようになるので、自宅から出られないような環境になっても勉強をすることができます。自宅で教育を受けられれば、親も自分の子供の学力の状態を簡単に把握できるようになるので、仮に学力が不足していると感じた場合は、塾などに今後通わせるのかを考えるキッカケにもなります。オンライン教育を取り入れている国は増えており、日本でも徐々にその流れはできつつあります。

Page Top